a
  1. HOME
  2. 速太郎の安さと速さの理由

速太郎の安さ・速さの理由

●車検の流れ(他社との比較)

速太郎
最短45分!

  • お問い合わせ・ご予約
    event_note
  • お車持ち込み
    drive_eta
  • 事前点検・お見積もり
    search
    どこまで部品交換をするかはお客様で決められます。(保安基準に満たない部品は交換必須になります)
  • 車検作業
    handyman
    作業状況を確認しながらお待ち頂けます
  • 完了
    drive_eta
    お車に乗ってそのままお帰り頂けます

他社
最短3日-4日

  • お問い合わせ・ご予約
    event_note
  • 引き取り
    drive_eta
  • 事前点検・お見積もり
    search
    このタイミングで車を預けます。代車はレンタカーとなり、代金はお客様の支払いになります。
  • 見積書提示
    history_edu
  • 車検作業
    handyman
  • 納車
    drive_eta
お問い合わせ

●速太郎が安い理由

検査員がお客様と一緒に車を見ながら交換部品を決めるので、不必要な部品交換がない

一般的な車検の場合、車を預かって見積りを提示されますが、どの項目がどこの部品でなぜ交換が必要なのかを明記・説明されないことが多いです。

そこで車検の速太郎では、検査員がお客様と一緒に実際の車を見ながら説明を行い、車検合格に不可欠な部品以外はお客様に交換の判断をしていただきます。 そのため過剰に部品交換をされることはありません。

またお客様自身で交換部品を判断しますので必要以上に部品交換せず、安く車検を済ませることも可能です。

車検を受けてそのまま乗って帰れるので、代車と車を預かるスペースが節約できる

車検の速太郎では立会い車検が前提であるため、代車や車両保管スペースが節約でき、低価格での車検が可能になります。

来店してもらうので、引き取り・納車のコストがかからない

一般的な車検ではお客様の自宅や職場などに車を取りに来てくれて、車検が終わったら届ける、とても便利なサービスがありますが、 車の引き取りや納車には必ず2人のスタッフが必要であり、その分の人件費は料金に上乗せされています。

車検の速太郎ではお客様が車両持ち込みでの車検なのでコストを削減することができます。

45分のスピード車検だから効率が良くなり、車検代を安く設定できる

予約制にすることで時間の無駄を省いて効率よく車検業務を行うことが、コスト削減につながっています。

一度にたくさんの車をまとめて登録するので、代行料が「0円」になる

車検終了後に新しい車検証を発行するためには、整備工場が各陸運局に申請を出す必要があります。 その申請をまとめて行うことで代行費用を削減し、他社の料金表に記載している申請手数料や手続き代行料といった項目を無料にしています。

お問い合わせ

●速太郎が速い理由

車検専門の検査員・整備士の2〜3人体制で役割分担をして検査

車検の速太郎では、複数人で同時に作業を行い、最短45分という短時間の車検を実現しています。

検査ライン・コンピューターシステムを導入

点検記録簿や指定整備記録簿、保安基準適合標章の印字、車両重量の計算など、 以前は手間がかかっていた作業がユーザー情報と紐づけされ、コンピューターで印字できるシステムになっています。

予約制だから、効率良く車検を進められる

車検の速太郎では完全予約制を取っているため作業が重複することがなく、人手不足などによる遅延が起きない仕組みを取っています。

電話お申し込み受付中!

フェイスブック

ツイッター

ライン

ヤナギグループ
ヤナギグループ
トーセキ給湯器
車検の速太郎
鈑金の速太郎
鈑金の速太郎